前へ
次へ

親のために子供がリフォーム工事をプレゼント

子供は一定年齢になれば自立をして親元から離れます。
物理的にそれほど離れていなくても家族が別になると互いにどんな生活をしているのかは分からなくなります。
子供はこれから子育てなどをしていきますが、親はこれから少しずつ年を重ねて生活が不自由になるときもあります。
たまに親などに合うと病気やケガ、生活の不自由の話などを聞くこともあり子供としては心配になるときもあるでしょう。
その時に考えるのが親の家をバリアフリーリフォームすることかもしれません。
業者に連絡をして見積もりなどを取ってもらい、親が過ごしやすい家にしてもらおうと考えるときがあります。
子供としては親のためと考えるのでしょうが、一緒に生活をしていない子供がリフォームの提案を行うのはあまり良くありません。
親がどんなところに困っているのかわからないと何が必要かわからないからです。
親としっかりコミュニケーションをしたり、一時的に同居するなどしてリフォーム箇所を見定めてから行う方がいいでしょう。

畳からフローリングへ大変身
和から洋への切り替えはリビング・テンにご相談ください

差押えになった住宅も売却可能です

Page Top